意外と知られていないクリスマスイブの本当の意味とは

Pocket


今回は意外と知られていない『クリスマスイブ』の本当の意味について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

クリスマスイブ

christmas

恋人がいる方にとっては一年で1番のビッグイベントかもしれません『クリスマス』

 

そしてクリスマスには、24日に『クリスマスイブ』25日『クリスマス』がありますが、なんとなくどちらの日もケーキを食べたりして祝っていたけど、違いがよくわからないという方も多いんじゃないでしょうか。

 

そもそもクリスマスというのはキリスト教文化からくる行事なので、キリスト教になじみのない日本人は、この違いについて深く考える機会も少なかったんだと思います。

 

そこで今回はこの『クリスマスイブ』にはどんな意味があるのが、徹底解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもクリスマスとは?

クリスマスイブについて考える前にそもそもクリスマスとは何を祝う行事なんでしょうか。

 

さっき上にもちらっと書きましたがクリスマスとは『キリスト教』に関する行事です。そしてキリスト教は『イエス・キリスト』を救世主と信じる宗教なのですが、そのキリスト教の救世主であるイエスキリストの誕生日が12月25日とされているんですね。

 

なのでそもそも、クリスマスとはイエス・キリストの生誕を祝う行事なのです。またクリスマスを英語で書いてみると『Christmas』となりますがこの語源は、『Christ(キリスト)』『mas(ミサ)』となります。

 

ミサとは教会で行われている礼拝のことを言います。なのでクリスマスの語源は『キリストをお祈りする』というところからも来ているんですね。

 

無宗教の人が多い日本人からしてみれば想像しにくいかもしれませんが、キリスト教を信じる人にとってはクリスマスというのは『キリストの生誕を祈る』というとても大事な日なのです。

 

もちろん今は、純粋にイエス・キリストの生誕を祝うというよりかは、お祭り的な意味合いが強くなっていますが。

クリスマスイブとは?

クリスマスの意味が分かったところで次はクリスマスイブの意味について考えてみましょう。

 

さきほどのように語源で考えてみると分かりやすいです。イブとは『前夜』という意味があり、クリスマスイブとはクリスマスの前夜ということを意味しています。

 

それではなぜクリスマスにはわざわざ『前夜』というものが存在するのでしょうか。12月25日がキリストの生誕日なら、25日だけ祝えばいいじゃん!って思いますよね。

 

それを解き明かす秘密が暦にあります。当たり前ですがボク達にとっての一日の始まりは夜中の12時ですよね。夜中の12時になると、日付が変わり新しい一日が始まります。

 

ただキリスト教では『教会暦』というものが使われていて、教会暦では一日の始まりを『日没』と定めているんですね。

 

つまり『日が暮れるとともに日付が変わる』のが教会暦です。ということは教会暦では『12月24日の日没〜12月25日の日没』までがキリストの生誕日になるのです。

 

なのでボク達が普段使っている暦で考えると、キリストの生誕日は24日も25日もかぶっているんですね。なのでクリスマスにはわざわざ、クリスマスイブ(クリスマスの前夜)というものが存在するんですね。

 

まとめると、

 

クリスマスイブ=24日の日没〜25日深夜(0時)

クリスマス=24日の日没〜25日の日没

 

というのが本来のクリスマスイブとクリスマスの違いになります。クリスマスイブというのはクリスマスの中の一部の時間帯を指すんです。

 

クリスマスイブを聖夜という言い方もしますが、それにはこういう意味がちゃんとあったんですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ハロウィンもそうですが、日本は他国の文化の行事をすんなり受け入れる文化があります。ただ、そもそもその行事の意味について考えることなく、お祭り的な感じで伝わるので、何を祝うのか?どんな意味があるのか知らない人も多かったと思います。

 

またクリスマスは日本では『恋人と過ごす日』みたいな認識がありますが、キリスト教文化の国では『家族と過ごす日』と認識されています。どう間違ってこう変わってしまったのでしょうか。。

スポンサードリンク



Pocket


コメントを残す