日本人なら知っておきたい中秋(仲秋)の名月の意味・由来

Pocket


秋のお月見の時期になると中秋の名月という言葉をよく聞くようになりますが、どういう意味や由来があるのでしょうか。

スポンサードリンク



秋の中秋の名月

お月見の夜

 

夏が終わり秋が近づいてくると空気が澄んでとても心地良い気候になってきますよね。空気が澄むと月もとてもきれいに見えるようになります。

 

ところで秋になるとお月見に関する話題がちらほらでてきます。そして日本人なら一度は中秋の名月たる言葉を耳にする機会があったと思いますが、実はよく意味をを知らないって方多いんじゃないでしょうか。

 

そこで今回はお月見を少しでも楽しくするためのちょっとした豆知識をお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

中秋の名月の意味とは?

まずは中秋の名月とはいつのことかというと「旧暦」の8月15日のことを言います。

 

それで中秋の名月の意味はというと「秋の真ん中に出てくる満月」です。。「??」ですよね笑

 

実は昔の暦では7月〜9月が秋とされていたんですね。それで旧暦では8月15日が秋のど真ん中になりますよね?

 

それで真ん中の秋という意味で「中秋」。それで秋は空気がとても澄んできれいな満月が見れるということから「名月」。だから8月15日が中秋の名月と呼ばれていたんです。

 

でもこれはあくまで「旧暦」のお話しです。今の暦は大体旧暦の約1ヶ月遅れになります。

 

なので旧暦8月15日の約1ヶ月後の9月7日〜10月8日に訪れる満月の日のことを今では中秋の名月と読んでいます。

 

ちなみに

2014年⇛9月9日・10月8日
2015年⇛9月30日

が満月の日です。

 

中秋の名月の由来とは?

中秋の名月の意味が分かったところで中秋の名月と呼ばれるにはどんな由来があったのでしょうか。

 

ここまで読んでいただいたら答えを書いていたようなものですが、秋になると空が高く澄み渡り月がキレイに見えるので中秋の名月と呼ばれるようになりました。

 

またどうして中秋の名月を見ながらお月見をするのかと言うと、旧暦の8月、今の9月というと、ちょうど稲の収穫の時期とかぶりますよね。

 

そんな時に台風がきて大雨や暴風などで稲などの農作物が台無しになってしまうと大変なことになってしまいます。

 

そんな時、月は「月の満ち欠けとともに農作物が成長する」ということで「豊作の神様・象徴」として捉えられていました。

 

なので秋の収穫の時期に豊作の象徴である月に団子などのお供え物をあげて豊作を祈っていたんですね。その名残として今も秋の中秋の名月が見られる時期になると月を見ながら団子を食べるという習慣が残っているのです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

お月見があることは知っていてもなかなかゆっくりと月を見ながらお団子を食べるという人は少ないと思います。

 

たまにはこういう風情のあることをやってみるのも良いんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

Pocket


コメントを残す