ケンミンショー東根市の絶品麩の唐揚げ!名店文四郎麸!レシピも

Pocket


麸唐揚げ12月5日の秘密のケンミンSHOWで
山形県東根市”麩の唐揚げ”が紹介されます

意外と美味しい麩の唐揚げの全貌を
ご紹介します!! 

 

スポンサードリンク

肉にも負けない美味しい食感!麩の唐揚げ 

麸唐揚げ

今回ご紹介するのは”麩の唐揚げ”です!!皆さん麩についてはどんな印象をお持ちですか!?ちなみにボクは鯉のエサです笑

 

なんか麩って 脇役もいいところでホントに印象の薄い食べ物ですよね。お吸い物とかに入っていておダシを味わうために入っているみたいな。

 

それが唐揚げなんですから結構びっくりですよね。ただこの麩の唐揚げ意外や意外、すんごく美味しいんです!鶏の唐揚げにも負けないですよ!

 

水で戻した麩を水気をしっかり切ったあと、にんにく醤油に浸します。後は片栗粉をまぶして油に投入するだけ!!

 

使い古された言葉ですが、外はカリッ、中はプリプリッでジューシー!脇役ではなく主役級です!ホント鶏唐に負けない絶品ですよ。麩って調理次第でこんなに美味しくなるんですね。

 

絶品麸の唐揚げのレシピはコチラ

 

秘密のケンミンSHOW関連記事はコチラ
↓↓↓
中を開けるとトロ〜長岡市の煮たまごパン
見た目が少しグロテスク桐生市の餃子ラーメン 

 

江戸時代創業の文四郎麸!

karaage3 karaage4

そんな美味しい麸の唐揚げが食べられるのが江戸時代創業の名店”文四郎麸”です!!東根市は江戸時代から 宿場町として栄え良質な湧き水にも恵まれていたことから原料である小麦粉の

 

栽培に盛んでした。東根市で現在でも麸を販売しているのはたったの5社しかありませんが”文四郎麸”はその中でも一番歴史のあるお店なのです。

karaage6

石ちゃんも”まいう〜”の絶品です!

 

またこんなに歴史のあるお店にもかかわらず文四郎麸さんの商品はホントに新しく全然古臭くないんです!

スポンサードリンク

コチラから文四郎麸さんの商品が見れますが”ふどーなっつ””ふかりんとう””ふまんじゅう”など多種多彩です。これらの商品は↑↑の画像にもある6代目社長が全部監修しているそうですよ!!

 

またこの社長こんな言葉を残しています

 

品質本位を貫く。たくさん売ろうとしない。自分の力以上のものをやらない。お客様との接点づくりに力を入れる。これに尽きるでしょうね。

 

吟味して、ホントに自分の納得したものだけをお客様に売る。そして売りっぱなしではなく、お客様との接点、つまり関係づくりに力を入れる。

 

この2つのことって当たり前のようでなかなかちゃんと出来てるところって少ないんじゃないでしょうか。麩という衰退している素材を色んなアレンジをして魅力を伝え続けている文四郎麸さんはホントに応援したくなりますね。

 

人気記事はコチラ!気になる方はコチラをポチッと!
↓↓↓
ネクストマツコ・デラックス!ナジャ・グランディーバ

 

皆の反応は!?

 

 

 

まとめ

karaage7

今回は麸の唐揚げをご紹介しましたが、意外と麩ってうまそうじゃん!興味持ったって思って頂けたら嬉しいです。

 

今の時代麩を食べる機会ってホントに少ないと思います。ボクもここ何年食べてないやら。そんななか”麩”のまんじゅうや、かりんとうなどを革新性のある商品を作り麩の魅力を伝え続けてる文四郎さんはホントにいいお店ですね。

 

ぜひ山形県東根市に行く機会があればお立ち寄りを!!!

 

人気記事はコチラ!気になる方はポチッと!
↓↓↓
沢尻エリカの鼻は整形か検証してみた!

スポンサードリンク



Pocket


コメントを残す