十五夜・十三夜の意味や由来、読み方を徹底解説!

Pocket


お月見の時期が近づいてくると十五夜、十三夜という言葉を聞く機会が出てくると思いますがどういった意味や由来があるのでしょうか。

スポンサードリンク



十五夜・十三夜

juugoya1

 

秋になりお月見シーズンがやってくるとテレビなどでも十五夜・十三夜などという言葉を聞く機会が増えてくると思います。でも意外と「十五夜」「十三夜」の意味を知らない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はお月見を少しでも楽しんでもらえるよう「十五夜」「十三夜」の意味や由来、読み方など豆知識をお伝えしていきます。

 

まずは読み方から行きましょう。

十五夜⇛じゅうごや
十三夜⇛じゅうさんや

 

そのままです^^;

十五夜の意味・由来とは

それでは十五夜の意味についてお話ししていきますね。まずなんで十五夜と言うのかというと昔の暦、つまり旧暦8月15日にお月見をしていたんですね。8月『15日』の夜にお月見をしていたから十五夜です。

 

それでなんで8月15日にお月見をしていたのかというと、昔は7月〜9月が秋でした。秋は空気が澄んで空が高く見えるので月もとてもきれいに見えます。

 

そして8月15日は7月〜9月の秋のなかでは一番真ん中の日ですよね?なので8月15日の一番空気が澄んでいて月がキレイに見える日にお月見をしていたんです。

 

秋の一番月がキレイに見えるであろう8月15日にお月見をしていたのは分かった、でもそもそもどうして月を見る必要があったのでしょう?

 

実は秋って稲などの農作物の収穫の時期なんですよね。そんな時に嵐などが来て大切な農作物が台無しにされては大変なことです。

 

そこで月は「月の満ち欠けとともに農作物が成長する」と言う意味で「豊作の神様・象徴」とされていたんですね。

 

なので秋の一番月がきれいに見える8月15日にお月さんに豊作を願っていたんです。

 

つまりお月見とは農作物の豊作を祈るために行われていた慣習なのです。そこから8月15日の月がキレイだということで「十五夜のお月さん」なんて言われるようになったんですね。

 

でもここまで話してきたのは旧暦の話しです。旧暦と今の暦では大体1ヶ月ほどのズレがあるので旧暦8月15日は、今の9月中旬から10月の上旬とされています。

 

それで今では9月7日〜10月8日に訪れる満月の日を十五夜と呼んでいます。

 

ちなみに

2014年⇛9月9日
2015年⇛9月30日

が満月の日です。

スポンサードリンク

十三夜の意味・由来とは

さあ次に十三夜の意味ですが、ここまでくると簡単です。十三夜は旧暦の9月13日にするお月見のことを言います。

 

9月『13日の夜』に見る月だから十三夜です。十三夜は十五夜の次に見る満月とされています。そして十三夜に見る月は十五夜に見る月に次いでキレイな月なので、片方しか見ないのは演技が悪いとされています。

 

なので十五夜のお月見をした方は十三夜の満月も見るようにしましょう。

 

ちなみに十三夜はこの日にあります。

2014年⇛10月8日
2015年⇛10月27日

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

今じゃすっかりきれいな月を見ながらお団子を食べるというような意味合いの強いお月見ですが、本来は農作物の豊作を祈って行われていたものなんです。

 

普段はなかなか月を見る機会なんてないので、これをいい機会としてゆっくりお月見をされてはいかがですか?

スポンサードリンク

Pocket


コメントを残す