衣替えの時期っていつ?オススメの収納のコツと洗濯方法も紹介!

Pocket


衣替えってて正式にはいつするものなのでしょうか。そして面倒くさい衣替えのオススメの収納のコツと洗濯方法も一緒にご紹介します。

スポンサードリンク



衣替について

senntakumono

 

初夏や秋くらいになってくると衣替えの時期がやってきます。最近はユニクロなどの機能性の衣服をワンシーズンで使い捨てしている人や、大型のクローゼットの普及で本格的に衣替えをしない人も増えているようです。

 

実際衣替えをしてみようと、服の出し入れをしてみると、大事にしていた服が黄ばんでいたり、カビていた!なんて経験の方も結構いらっしゃると思います。そして意外とちゃんとした衣替えの方法って知らない人も多いと思います。

  

そこで今回は衣替えの時期、衣替えをする際に気をつけるべきいくつかのポイントについてお伝えしていきますね。

 

✔衣替えはいつするものなの?
✔上手な衣替えのコツについて

 

衣替えはいつするものなの?

学校や職場ではいっせいに衣替えをするところも多いと思いますが実際衣替えって一般的にはいつ行われるものなんでしょう?

 

一般的には

✔6月1日
✔10月1日

 

の年2回に衣替えは行われるものです。平安時代に始まった風習のようですね。

スポンサードリンク

上手な衣替えのコツについて

一般的には6月1日、10月1日に行われる衣替えですが多くの人はこの辺の土日あたりで一気に服の整理をする方が多いんじゃないでしょうか。

 

まず衣替えを行うのに最適な日、時間帯ですが、湿気が残ったまま密閉空間に収納してしまうとカビが生えてしまうおそれがあるので、カラッと晴れた日の10時〜14時くらいに行うのが良いとされています。

 

そして実際に衣替えを行っていく時のポイントですが、次の4つのポイントがあります。

 

✔服の選定作業
✔シミ対策
✔乾燥対策
✔防虫対策

 

順番に説明していきますね。

着ない服の選定作業

まず衣替えを行う前にする大事な作業はこれからも着る服、もう着ない服の選定作業です。服っていうのは捨てない限り増え続けていきますので、どこかでいらない服を選定する時間が必要になってきます。

 

普段はそんな作業に時間をとっている暇なんてないと思いますので、春夏もの服と秋冬もの服を総入れ替えするこの衣替えの時期に行うのがオススメです。

 

まずどうやって処分する服を選ぶかですが、これについては何か基準を作っておくこといいと思います。

 

ボクの場合はよっぽど思い入れのある服やデザイン的に気に入っている服は除いてワンシーズン着なかった服は処分するようにしています。

 

こんな感じで自分なりの衣服処分のルールを作って、いらないものはハードオフやヤフオクに出すか、ゴミとして処分してしまうようにしましょう。

充分なシミなどの汚れ対策

衣服を収納する時に気を付けなければいけないのが、シミや黄ばみなどの汚れ対策です。

 

特に気を付けなくてはいけないのが白のカッターシャツやTシャツです。季節が変わり久し振りに着ようと思った服をよく見てみると黄ばんでいる、なんて経験ありませんか?

 

洗濯しているので大丈夫だろうと思っていても取り切れていない頑固な汗などの汚れが襟や脇の辺りに吸着している可能性が十分にあります。少しでも汗が残っていてそのままにしておくと必ずシミとなって現れてきます。

 

なので白い服や気に入っていて何度も着ていた服は2度洗いが原則です。またお気に入りの服などがちゃんとシミにならないか気になるようであれば、衣服まとめてクリーニングに出すのも1つの手です。

乾燥対策

上にも書きましたが衣服を収納する時は乾燥対策にも充分注意しましょう。

 

ボクも以前大事にしていた服が開けてみるとカビっていた、なんていう悲しい出来事がありました。

 

そんな簡単にカビなんか生えるの?と思われる方もいるかもしれませんが、わずかでも湿気が入り込んだまま密閉してしまうとカビにとっては絶好の環境になってしまういます。

 

なので衣替えをする日は必ず晴れた日のお昼ごろにするようにしましょう。そして収納した衣装ケースには乾燥剤も入れておくようにしましょう。

防虫対策

最後のポイントは防虫対策です。そんなに服が虫に食われた経験をお持ちの方もいないとは思いますが、油断大敵です。

 

虫はいつどこで発生するか分からないです。また虫はウールやカシミヤ、絹などの柔らかくて高級な衣服がターゲットにされやすいです。

 

いくら清潔にしていても洗濯を干している間に虫の卵が付着してしまいそのまま収納してしまい、虫食いにあう、というケースだって考えられます。

 

そのためにも収納する時は防虫剤を忘れずに入れておくようにしましょう。ただ種類の違う防虫剤を入れたり、直接衣服には付いてはいけない防虫剤を入れてしまうと、化学反応で服にシミが付いてしまうこともありますので、注意するようにしましょう。

 

最後に

✔衣替えは6月1日、10月1日
✔衣替えは晴れた日の10時〜14時くらいに行う
✔処分する服のルールをつくる
✔シミ対策に2度洗い、クリーニングをする
✔湿気は必ず入れないようにすること
✔防虫対策を忘れない

 

いかがでしたでしょうか。

 

衣替えって一旦やり始めると結構時間がかかるし、面倒くさいだけにちょっと手を抜いてしまいがちですが、油断していると大事にしていた衣服にシミやカビが発生することだって充分考えられます。

 

そんなことにもならないように衣替えをする時はある程度時間をかけて丁寧に作業をするようにしましょう。そのことが後々に被害を防ぐことに繋がりますので(^^)

スポンサードリンク

Pocket


1件のトラックバック

コメントを残す