三重に来たら1度は食べたいオススメ名物お土産7選

Pocket


三重に観光しに行こうと思っているけど、お土産に何を買っていこうか迷われている方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は三重鉄板のオススメ土産を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

三重オススメ名物お土産7選

三重に観光に行こうと思っている、実際来たけど何を買っていこうか、赤福以外に思いつかない!という方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

確かに三重のお土産というと赤福の印象が圧倒的に強すぎるのですが、もちろん他にも美味しいものはたくさんあります。特に三重はお餅の宝庫で色んな種類の美味しいお餅がたくさんあります。

 

ただ赤福の印象がどうしても強過ぎるので他にも美味しいお餅があるのに埋もれてしまっています。そこで今回は三重県民のボクが、三重のオススメお土産を7つご紹介したいと思います。案の定オススメお土産7つのうち4つが餅になってしまったのですが、それだけオススメできるものですので!

 

✔赤福餅
✔くうや餅
✔へんば餅
✔二軒茶屋餅
✔伊勢うどん
✔シェルレーヌ
✔しぐれ煮

スポンサードリンク

赤福餅

akahuku

出典:http://urx.nu/c32f

まずは三重を代表する名物中の名物『赤福餅』です。全国のお土産ランキングでも北海道の『白い恋人』を抑えて堂々の1位の赤福はもう知らない人はいない化け物級のお土産です。

 

あまりにも有名なのであえて外そうかとも思ったのですがやっぱり三重に観光に来られた方には何度でもオススメできる逸品なんですよね。

 

ボクも何度も食べている赤福餅ですが、何度食べても飽きない絶妙な甘さ、美味しさがあります。また赤福の直営店では夏には赤福氷、冬には赤福ぜんざいというのも食べられるのですが、これもまた冷たい氷や暖かいぜんざいととてもマッチして美味しいです。

 

ぜひお伊勢参りにきた方はお店で食べてみてください。三重の観光客必須とも言える自信を持ってオススメできるお土産です。

くうや餅

kuuyamochi1

出典:http://urx.nu/c32H

お次は『くうや餅』です。伊勢志摩地方に住んでいる人ならお馴染みのもちです。紅白になっているのが特徴的でお祝いごとのお返しなどによく配られます。

 

個人的には赤福より好きなのがこのくうや餅です。あんを包んでいるもちがよく見るとお米の形を残していますよね。

 

ここがまた良くて、普通のもちは米の原形は残っていないので、普通のもちの感触ですが、くうや餅は原形を残しているもち米が少し粒っぽい感触を残していてなんとも言えない絶妙な噛み心地があります。

 

他のもちと比べると少しお値段は張りますが個人的には一押しのお土産です。

へんば餅

hennbamochi

出典:http://urx.nu/c346

次に紹介するのは『へんば餅』です。もちの両面には輪っかの焦げ目が付いていてとても香ばしく、薄皮の中にはあんがたっぷり入っています。

 

数ある三重の名物餅の中でもボクが今までで一番たくさん食べてきたのがこのへんば餅です。赤福餅やくうや餅はとても美味しい餅ですが少し敷居が高いですし、味もしっかりしているので、パクパクと食べられるようなものではありません。

 

でもへんば餅はいい意味で敷居が低くて、他の餅に比べると味もあっさりしていてとても食べやすいです。家ではお祭り事などがあるといつもへんば餅を買ってくるのですが、大人気ですぐになくなってしまいます。お値段もとても良心的ですし、ぜひオススメの逸品です。

 

二軒茶屋餅

nikennjyayamochi

出典:http://urx.nu/c35r

次は『二軒茶屋餅』です。最後に紹介するおもちですが、これはたっぷり入ったあんを薄皮で包んでありその皮にきな粉がまぶしてあります。

 

コチラもへんば餅と同じく味の主張が強すぎずとても食べやすく次々と口に運んでしまいます。またもちにまぶしてあるきな粉が絶妙なアクセントになっていて昔ながらの味わいでとても美味しいです。

 

他の3つのもちと比べると一番違った味を楽しめると思います。

 

伊勢うどん

iseudonn

出典:http://urx.nu/c38I

次に紹介するのは『伊勢うどん』です。伊勢うどんの特徴は麺が非常に柔らかくもちもちしていて、コシがないところです。

 

また一般的なうどんはツユに浸った姿を想像されると思いますが、伊勢うどんはたまり醤油にカツオや昆布のダシを加えただし醤油がかけてあるので、それを全体にかかるように混ぜて食べます。

 

コシがないと言うと『美味しいの??』と思われかもしれませんが、単に茹で過ぎたクタクタの麺とは全然違い、麺がふっくらとしていて本当にもちもちで美味しんです。

 

一般的には写真のようにネギや卵の黄身だけをのせてかき混ぜて食べるのですが、ふとした時に食べたくなる懐かしい味です。コシが命だ!という考えの方には受け入れ難いかもしれませんが美味しいのでぜひお買い求めくださいませ。

 

シェルレーヌ

sherure-nu

出典:http://urx.nu/c38Z

『シュエルレーヌ』は鳥羽の洋菓子店ブランカが製造しているお菓子です。鳥羽は真珠の養殖が盛んな地域でその真珠の養殖に使うアコヤ貝の形を模して作られています。

 

過去には全国菓子博名誉総裁賞を受賞し味は折り紙つきで、販売されてからの歴史は約20年と短いのですが、瞬く間に三重を代表する名物お菓子となりました。

 

外はサクッとしていて中はふわっとしたプレーン味であさっりしていて飽きのこない味になっています。伊勢はおモチの名産地ですが洋風お菓子シェルレーヌも負けていません。

 

しぐれ煮

shigureni

最後に紹介するのは『しぐれ煮』です。桑名市はハマグリの名産地でもあり、ハマグリやアサリのしぐれ煮は絶品です。

 

特にハマグリは大柄のプリップリの身を醤油、砂糖、しょうがなどで贅沢に煮込んであり、暖かいご飯や、茶漬けなどに乗せて食べると箸が止まらなくなります。

 

甘いものを中心にお土産を紹介してきましたが、甘いもの以外ではこれが一番のオススメです。ハマグリのしぐれ煮は珍しいですし、上品でとても味わい深く、多くの方に喜んでもらえるんじゃないでしょうか。

 

まとめ

✔赤福
✔くうや餅
✔へんば餅
✔二軒茶屋餅
✔伊勢うどん
✔シェルレーヌ
✔しぐれ煮

 

いかがでしたでしょうか。

 

三重は何と言っても赤福を筆頭にお餅が充実しているんですよね。他にも安永餅、太閤出世餅、岩戸餅にさわ餅などお土産屋さんにはたくさんのお餅が並んでいると思います。ぜひ他にもおいしそうなのがあったら手にとってみて下さい。

スポンサードリンク



Pocket


コメントを残す