ケンミンショー長岡市の絶品煮たまごパン!創業100年旭屋

Pocket


煮玉子パン11月29日の秘密のケンミンSHOW
新潟県長岡市の”煮たまごパン”が紹介されます。

地元の方に大人気の秘密とは!?

 

スポンサードリンク

絶品トロトロ煮たまごパンとは!?

煮玉子パン

 

じゃーーーーーん!!今日ご紹介するのは”絶品トロトロ煮たまごパン”外の生地はサクサクのあげパンになっていて中を開けるとトロトロの半熟たまごが顔を出します。

 

あげパンの中に半熟のたまごが入っているだけ!!言ってみりゃ結構簡単なつくりになっていますが、意外になかった商品で、地元では小さい子からお年寄りまでとても人気のある商品で午前中で売切れることもあるんだとか

 

美味しさの秘密はお店特製の醤油だれに一晩しっかり漬け込んだ煮たまご。この醤油だれの塩味とパン生地の甘みが絶妙にマッチしていて最高の逸品になります。お値段は140円。

 

秘密のケンミンSHOWの関連記事はコチラ
↓↓↓
桐生市のチョット見た目がグロい”餃子ラーメン”とは!?
熊本県の揚げ豚足がおいしすぎてヤバイと評判に!?

 

創業100年旭屋

煮たまごパン1

この絶品”煮たまごパン”が食べられるのは創業大正1年のたいへん歴史あるお店”旭屋”さんです。

 

こんなに歴史のあるお店ですが”煮たまごパン”はなんと3代目のご主人が2005年に考案された商品なんです。地元の人気ラーメン店からひらめかれたそうです。

 

そしてこの”煮たまごパン”1日に限定20個しか販売していないそうです。というのは全て手作りで、先ほど書いたように、前日からゆでた半熟卵を丁寧に1つ1つ殻をむいていき、1日かけてじっくり特製の醤油だれに漬け込んでいくので、20個しか作ることができないのです。

スポンサードリンク

また旭屋が創業100年経ちながらいまだに人気店でいられるのは、歴代の店主が絶え間ない創意工夫をしてきたこともありますが、3代目のお母さんによるところも大きいです。

 

今年御年89歳にもなるお母さんは、21歳の時から毎日お店に欠かさず出てきました。いつも穏やかな表情に口調でお客さんを癒やすお母さんに会いに来る人もいるみたいですよ。

 

そんな89歳の看板娘を見てみたい方はコチラをクリック

 

煮たまごパン3

そして看板娘の売るコチラのコッペパンも”煮たまごパン”に負けない人気商品です。1つなんと70円

 

注文を受けてからお母さんが1つ1つ丁寧に注文に応じてジャムやバターなど10種類のトッピングを塗ってくれます。

煮たまごパン4

こんな感じで、ジャムとバターのミックスなんてのも注文できます。たっぷり塗られていて本当に美味しそうですね。

 

新潟県長岡市に来た際にはぜひ、あったかいお母さんに会いにそして絶品の煮たまごパンを食べに行かれてはどうでしょうか!?

 

 人気記事はコチラ!気になる方はポチッと
↓↓↓
IKKOがカツラを投げ捨ててまでキレた理由とは!?

スポンサードリンク



Pocket


コメントを残す