簡単にできるノロウイルスの消毒方法!アルコールは効果なし?

Pocket


冬場になると子どもたちを中心に猛威を振るうノロウイルス。

ノロウイルスと言えばとても感染力の強いウイルスですが、家族が感染してしまった場合消毒などはどうすればいいか、まとめてみました。

スポンサードリンク



ノロウイルスにアルコール消毒は効かない!?

shoudoku

冬場になると毎年猛威を振るうノロウイルスですが、ノロウイルスはとても感染力が強く家族や友人が感染してしまった場合などはしっかりとした予防、対策をすることが大切です。

 

そういった時に二次感染を防ぐためにアルコール消毒などを行う方も多いかもしれませんが、実はノロウイルスは消毒に対する抵抗性がとても高く、アルコール消毒は全く効果がありません。

 

それじゃあどうしたらいいんだよ!と思われた方、実はノロウイルスを死滅させる方法は2つしかないのです。

 

①85度以上の熱湯消毒
②次亜塩素酸ナトリウム消毒

 

つまり、高温の熱で死滅させるか、
次亜塩素酸ナトリウムという成分が入っている消毒液を使うしかないのです。

 

で次亜塩素酸ナトリウムというのは聞きなれない言葉ですが、多くの家庭に置いてある塩素系漂白剤に5%〜6%ほど入っていますのでそれで代用できます。

 

塩素系漂白剤とは具体名を挙げますと「ブリーチ」「キッチンハイター」などの商品のことです。

スクリーンショット 2014-08-18 14.34.49

 

こういうやつですね。「塩素系」の漂白剤なので間違えないで下さい。

 

消毒方法の前に塩素系漂白剤を使用する時の注意点として

✔使用する際は必ずビニールなどの手袋をはめること

✔酸性の他の漂白剤とは必ず混ぜないこと

 

この2点は必ず守った上で消毒液を作るようにして下さい。

 

それではこれから具体的に

①手を消毒する方法
②衣服やドアノブ、食器など感染者が触れる場所の消毒方法
③便やおう吐物に対する消毒方法

 

この3点に関する消毒方法を話していきます。

①手を消毒する方法

手を消毒する方法は簡単で、いつもと同じように石鹸によるもみ洗いで充分、ノロウイルスを洗い流すことが出来ます。

 

といっても石鹸で直接的にノロウイルスを死滅させることはできません。洗い流してしまうというイメージですね。それでも十分効果はあります。

 

ノロウイルスはとても微細な生き物なので、細かいシワの間や爪の間などに入り込んでしまいます。

 

なので指先や爪の間、手首まで入念にしっかりとこすり洗いをします。そしてその後にしっかりと水ですすぎます。

 

目安を言うと

 

①石鹸によるこすり洗い 10秒
②水でおすすぎ     15秒

 

これを2回行うだけで、99.9999%のノロウイルスを洗い流すことが出来ます。

スポンサードリンク

②衣服やドアノブ、食器など感染者が触れる場所の消毒方法

衣服やドアノブ、食器などを消毒する場合は次亜塩素酸ナトリウムを使います。

 

【消毒液の作り方】

500ミリリットルなどのペットボトルを用意して0.02%に薄めた次亜塩素酸ナトリウムの消毒液を作ります。

 

塩素系の家庭用漂白剤の裏に次亜塩素酸ナトリウムが何%入っているか書いてあるのでそれを見てみましょう。その数字を50倍薄めればOKです。

 

✔1%⇛50倍に薄める⇛原液10ml⇛水500ml

✔5%⇛250倍に薄める⇛原液2ml⇛水500ml

✔6%⇛300倍に薄める⇛原液1.6ml⇛水500ml

※ペットボトルのフタ1杯が5mlです。

 

例えば家庭用漂白剤の裏に次亜塩素酸ナトリウムが5%入っていると書いてあれば、5×50倍をして原液を250倍薄めた消毒液を作ればいいわけです。

 

それでもし500mlの水を使うのであれば、500÷250=2mlの原液を入れればいいわけです。

 

もしこの時に1リットルのペットボトルを使う場合は1000÷250=4mlの原液を入れればいいというわけです。

 

ここまで大丈夫ですか?

 

ここで実際に消毒していく場合、しっかり消毒液を浸したキッチンペーパなどでお皿やドアノブ、便座等を拭き取っていきます。これでOKです。

 

塩素系漂白剤を使って衣服を消毒すると色が落ちる場合がありますので注意して下さい。

 

なので衣服を消毒する場合は他の洗濯物とは分けて洗濯をした後85度以上の熱湯に10分間浸して熱湯消毒することをオススメします。

③便やおう吐物に対する消毒方法

ノロウイルスの代表的な症状として下痢とおう吐があります。もし家族がおう吐や下痢をしてしまった場合拭き取り処理などが必要ですがいくつか注意点があります。

 

おう吐物や便には大量のウイルスが付着しています。なので拭き取る場合はそれ以上他のところにウイルスが散らばらないように、拭きとるというよりかは中心にかき集めていくイメージで拭き取っていきます

 

そしてその拭きとったものは0.1%に
薄めた次亜塩素酸ナトリウムが入ったビニール袋に密閉します。

 

拭きとったものが薄めた次亜塩素酸ナトリウムにしっかり浸るくらい消毒液をビニール袋に入れておいたほうがいいです。

 

そして汚れをとった床に0.1%に薄めた次亜塩素酸ナトリウムの消毒液でしっかり拭き取っていきます。この時も使い捨てできるキッチンペーパなどを使うようにしましょう。

 

0.1%の次亜塩素酸ナトリウムの消毒液の作り方も書いておきますね。

 

【0.1%の次亜塩素酸ナトリウムの消毒液の作り方】

0.1%の場合は家庭用漂白剤の濃度の10倍の消毒液を作っていきます。

 

✔1%⇛10倍⇛原液55ml⇛水500ml

✔5%⇛50倍⇛原液10ml⇛水500ml

✔6%⇛60倍⇛原液8.3ml水500ml

※ペットボトルのフタ1杯が5mlです。

 

例えば家庭用漂白剤の裏に次亜塩素酸ナトリウムが5%入っていると書いてあれば、5×10倍をして原液を50倍薄めた消毒液を作ればいいわけです。

 

それでもし500mlの水を使うのであれば、500÷50=10mlの原液を入れればいいわけです。

 

もしこの時に1リットルのペットボトルを使う場合は1000÷50=20mlの原液を入れればいいというわけです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

ノロウイルスはとても感染力が強く症状も酷くなるケースが多いので家族内で感染を防ぐためにも徹底した消毒が必要です。

 

そして感染してしまった人も必ず
マスクは着用して二次感染を防ぐよう徹底するようにしましょう。

【関連記事】

>>>ノロウイルスの感染経路、ワクチン予防対策を徹底解説

>>>ノロウイルスかどうか簡単に診断する方法と検査方法について

スポンサードリンク

Pocket


コメントを残す