10分でできる節分の鬼のお面の作り方・製作法

Pocket


今回は簡単にできる鬼のお面の作り方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク



 

鬼のお面で豆まきを!

2b6bfff4bd3dce90b9bcee94bfbd1273_s

小さいお子さん達がいるご家庭では意外と盛り上がるイベントが節分の豆まきです。なんか小さい頃って妙に豆まきにワクワクするものなんですよね。それに豆まきって子ども達が小さい時にしかできません。

 

ぜひ本番はしっかり鬼のお面もかぶって家族で豆まきを楽しみましょう。今回はお子さんも親御さんも皆が楽しめるように、大人用・子ども用のお面を用意しましたので、ぜひ家族一緒に楽しんでみてください!

スポンサードリンク

子ども用お面①

スクリーンショット 2014-12-08 12.46.52

出典:http://urx2.nu/eZFl

頭の上にのせるかわいいお面です。

 

子ども用お面②

スクリーンショット 2014-12-08 12.49.32

出典:http://urx2.nu/eZFJ

コチラは顔にお面をかぶせるタイプのものです。切って輪ゴムで止めるだけなので簡単ですよ。

 

大人用お面①

スクリーンショット 2014-12-08 12.55.49

出典:http://urx2.nu/eZGq

一般的な鬼のお面です。

 

大人用お面②

oni 

出典:http://urx2.nu/eZGT

なぐ子はいねーかー
チョット本気で子どもを怖がらせちゃおうという時はこれがぴったりかも^^;

 

そもそもなんでお面をかぶるの

それにしても節分になると何で鬼のお面をかぶって豆まきをするのでしょうか。

 

まず節分は2月3日に行われる行事ですが、節分の次の日2月4日は『立春』と言って、こよみの上では春が始まる日です。昔の立春は今でいう1月1日の新年の日です。

 

なので一年が始まる立春はとても大切な日とされてきました。また立春の前日は今でいう大晦日なので新しい年を迎えるにあたって、しっかり福を招き邪気を払うという意味を込めて、豆まきをする風習が始まりました。

 

昔、鬼は災害や病などの象徴とされていましたし、季節の変わり目にやってくると考えられていたので、邪気を鬼と見立てて、家の中から『邪気=鬼』を追い払うという意味合いがあります。

 

またなんで鬼を追い払うのに大豆を使うのかというと、豆には鬼を退治することができると考えられていて、なかでも大豆には霊的なものが宿るとされていたので、鬼を追い払う道具として大豆が使われるようになりました。

 

ちなみに豆まきに使う大豆は必ず炒ったものを使いますが、これは生の豆だと芽が出て縁起が悪いと考えられていたからだそうです。

 

つまり本来、節分の豆まきというのは、新年を迎えるにあたって、病気や災害などにもあわず無事に楽しく一年を過ごせるようにという願いが込められた行事なのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ぜひ家族で豆まきを楽しんでみてください!

スポンサードリンク

Pocket


コメントを残す