ピック病について特徴やアルツハイマー病との違いをまとめてみた

Pocket


病院1知られざる認知症ピック病
についてまとめてみました。

 

  

スポンサードリンク



ピック病とは

byouinn

ピック病とは若年性認知症の一つとされており、40代〜60代に多く発症すると言われています。現在日本では約1万人以上の患者がいるとされています。

 

しかし症状もアルツハイマー病と似ているため医者も正しい診断ができずにピック病であるにも関わらずアルツハイマー病やうつ病など他の病気と誤って診断されてしまうケースもあるそうです。

 

現在日本の認知症の患者数は約450万人ほどいるとされていますが、この数は年々増加しており認知症患者数800万人時代を迎えるとも言われています。

 

また高齢者の4人に1人は認知症か認知症予備群という統計さえあります。

 

そのうち6割を占めるのがアルツハイマー病でありピック病は認知症のうちのほんの一部を占める程度です。なのでまだピック病については明確な診断基準も定まっておらず医療関係者でさえも他のアルツハイマー病やうつ病と間違ってしまうのだそうです。

スポンサードリンク

ピック病とアルツハイマー病の違い

違い1

ではピック病とはどのような症状が出るのでしょうか。認知症の6割を占めるアルツハイマー病と比較してみます。

 

アルツハイマー病は「記憶の障害」と言われています。なので症状としては以下の様なものが挙げられます。

 

・物忘れが酷くなる
・迷子になる
・同じ質問を繰り返す
・物をなくしたり、置き忘れたりする
・新しいことを覚えられなくなる

 

このようにアルツハイマー病は脳の中の記憶に関する部位を中心に萎縮していくため物忘れを中心とした記憶に関する症状です。

 

一方ピック病は「行動・人格の障害」と言われています。初期の症状としてアルツハイマー病のような物忘れなど記憶障害はまずみられません。主な症状としては以下の様なものが挙げられます。

 

・自制力の低下に伴い粗暴になる
・怒りっぽくなる
・人の話しを聞かずに一方的に話す
・感情の起伏が激しくなる
・人を無視したり馬鹿にする
・万引きをしたり他人の家へ勝手に上がり込んだりする

 

このようにピック病は以前とは全く違った行動を取るようになり、別人のようになってしまいます。また万引きなど反社会的な行動もとってしまうようになるため、これを理由に家族や友人から信頼を失い、仕事を退職することに追い込まれるケースもあります。

 

しかし、なかには家族が病気の症状だということに気づかないケースもあり、本人にとって非常に大きな悲劇を生んでしまう場合があります。

 

なのでピック病については早急な診断機基準の確率と病名周知が必要だとされています。

  

ピック病に関する研究はほとんど進んでいな現状

現在日本では急速な高齢化が進んでおりテレビでは認知症やアルツハイマー病を中心とした番組が良く放映されていますし、治療に関してもどんどん新しい薬や予防法などがアルツハイマー病を中心として開発されています。

 

しかしピック病に関して言えば患者数が少ないせいか原因が全く究明されておらず治療法、予防法に関してもほとんど研究が進んでおらず、未解明な部分が多いです。

よって現状では介護に頼らざるをえない部分が多いそうです。

スポンサードリンク

Pocket


コメントを残す