RSウイルスの症状で発熱した!咳や鼻水が出た時どうする?

Pocket


もし自分や我が子がRSウイルスに感染してしまったら、どのような症状が出てくるのでしょうか。そしてどうやって対処していけばいいのでしょうか

スポンサードリンク

RSウイルスに感染してしまったらどうする?

fever

 

冬から春にかけて乳幼児を中心に毎年多くの感染者を出すRSウイルス。なんと生後1歳までに半数の乳幼児が少なくとも1回は感染し、2歳までにはほぼ100%感染すると言われています。

 

もし自分や子どもがRSウイルスに感染してしまったり、感染の恐れがある場合はどう対応したらいいのでしょうか。

 

今回はRSウイルスの代表的な症状と、感染してしまった時の対処法についてお話していきたいと思います。

 

✔RSウイルスの代表的な症状
✔感染してしまった時の対処法

スポンサードリンク

RSウイルスの代表的な症状

まずRSウイルスとは具体的にどういったものかと言うとウイルスに伴う呼吸器の感染症です。なので主には下にあげるような風邪のような症状が表れる場合が多いです。

 

✔発熱
✔鼻水
✔咳

 

しかし一言に風邪のような症状と言っても鼻水程度で収まるケースもあれば、重症化するケースまで様々です。

 

一般的にはRSウイルスに感染してから4日〜6日くらいの潜伏期間を経て症状が表れます。まずは発熱と軽い鼻水が症状として出る場合が多いです。この症状が数日間続いて治っていくケースが一般的です。

 

ただなかにはがでてきて、あまりにも咳が酷いと喘息呼吸困難に繋がり、場合によっては肺炎を併発するケースもあります。

 

初めてRSウイルスに感染する乳幼児の7割が発熱、鼻水程度の軽い症状で収まり残りの3割が、咳が悪化し喘息や呼吸困難にまで発展します。

 

特に生後3ヶ月以内の乳幼児は体が弱い分、症状が重篤化してしまう可能性が高く、中には無呼吸発作に繋がり死に至るケースもあります。

 

なので特に乳幼児の場合はただの風邪かなと思っていても、急に症状が重篤化し、急変する場合もありますので、すぐに病院で診察してもらうようにしましょう。

 

大人の場合はRSウイルスに対する免疫が付いている分、たいてい症状は軽い発熱や鼻水程度で収まりますが、RSウイルスに感染した子どもに付きっきりで看病していると大量にウイルスにさらされ重症化するケースもありますので注意しましょう。

 

また高齢者の場合も症状が重篤化するケースがありますので、家族に高齢者がいる場合は二次感染しないよう注意することが大切です。

 

感染してしまった時の対処法

もしRSウイルスに感染してしまったとしたら家でできることは、充分な水分の補給、栄養補給、そしてしっかり体を休められる環境を作ってあげることがです。

 

当たり前じゃん!と思われた方多いと思いますが、というのも現時点ではRSウイルスに対する特効薬は開発されていません。

 

なので病院からもらう薬も直接的にRSウイルスを撃退するのではなく、あくまでも熱冷ましや、咳止めなどの対処療法にすぎません。

 

よって最終的には自然治癒するのを待つしかありませんので、「ポカリスエット」「OS-1」などのようななるべく体液に近く水分が吸収されやすいスポーツ飲料、そしてしっかり栄養補給をして充分な睡眠を取ることが一番の治療法になります。

 

また二次感染を防ぐことも大切でRSウイルスの場合は一般的な風邪と同じく、咳やくしゃみの際にウイルスが撒き散らされ、それが手指やドアノブ、お皿などに付着し、感染が広がっていきます。

 

そしてウイルスを吸引しのどや鼻の粘膜にウイルスが付着したり、ウイルスの付いた指で目をこすった時にウイルスに感染してしまいます。

 

感染者が乳幼児以外の場合はもちろんマスクを着用すること、そして生後6ヶ月以内のまだ小さな赤ちゃんを外に連れ出す時はなるべく人混みを避ける、細菌やウイルスの付いた指をしゃぶらないように帰宅後は手洗いを徹底することが大切です。

 

またRSウイルスにはアルコール消毒が効果的ですので、ウイルスが付いていそうなものに対してはしっかり消毒をし二次感染を予防していくことも重要です。

まとめ

✔代表的な症状は、発熱、鼻、咳
✔乳幼児の初感染の場合7割は発熱、鼻水程度、3割はひどい咳や喘息が出る
✔特効薬はない
✔水分補給、栄養補給、十分な睡眠が大切
✔手洗い、マスク、アルコール消毒で二次感染を防ぐ

スポンサードリンク
Pocket


コメントを残す